恋愛にはいつか終わり−孤独な死に方はしたくない

恋愛にはいつか終わり−孤独な死に方はしたくない

孤独な死に方は絶対にしたくないと思いませんか?

 

 

 

私が以前付き合った恋人のことをお話しします。その恋人との出会いは、ツーショットダイヤルでした。

 

 

 

その当時私は彼女もいなく寂しい思いをしていました。たまたま雑誌に載っていたツーショットダイヤルの広告を見て、試しに電話してみようと思い利用してみました。

 

 

 

 

今でいう出会い系サイトのようなもので、直接女性と電話で話をできるものでした。怪しいにおいはプンプンしたサービスだったことを覚えています。そして、そこで一人の女性とつながりました。サクラも多いと聞いていたので、半分疑いながらその女性と話していると、意外と話が合い楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

お互いの電話番号を交換して、翌日も彼女と電話をしました。そのうちに、彼女とは毎日のように電話をするようになり、次第に彼女が気になる存在となってきました。

 

 

 

 

そして、電話だけのやり取りでしたが、彼女と付き合うこととなりました。しかし、一向に彼女と会うことができませんでした。会いたいことを伝えるも、まだ会えないと言われしばらく会うことができませんでした。

 

 

 

 

そのような関係を半年も続けていたある日、彼女から手紙が送られてきました。その中には1枚の写真と手紙がありました。彼女は嘘をついていたと誤りの手紙と彼女の写真でした。彼女は、歳を10歳ごまかしていました。

 

 

 

 

 

 

 

それが会えない理由だったのです。しかし、私はそんなことは気にすることなく、年が離れてても彼女のことが好きだったから、気になることはありませんでした。そのことを彼女に伝え、ようやく会うことができました。

 

 

 

 

長い間待った彼女との出会いはとてもうれしいものでした。歳は離れてても私は気にすることなく、彼女とはその後も2年間付き合い続けた思い出があります。

 

 

 

 

借金返済に困っていると恋愛すらも終わらせてしまいます。

 

 

借金返済の仕事人.com

 

 

 

仕事も大事だけど、借金返済だけだと自分の心まで終わらせてしまうことになります。

 

 

 

お金を返せなくなるとうつ病になりかねない。

 

 

 

スイーツが好きな私ですが、最近職場が変わったこともあり、通勤に百貨店の地下を通り抜けることが多くなりました。

 

 

 

そうすると気になるのが食品売り場、その中にあるスイーツコーナーが気になって仕方がありません。もちろん普通のケーキ屋さんも美味しい店も多いですし、最近ではコンビニエンスストアの品揃えも注目されるほどスイーツコーナーが充実しています。

 

 

それでも私がもっとも愛してやまないのは、百貨店の食品売り場にあるスイーツコーナーなのです。

 

 

残念ながら非常に値段が高いものが多く、また仕事帰りだと欲しいものが売り切れている場合が多いのが残念なところです。

 

 

ただそれにも勝る素晴らしいポイントがいくつもあるのです。まずはその品質、さすが百貨店だとフルーツ一つとってもたまらなく美味しい。

 

 

 

それがいくつもてんこ盛りになっているのがケーキになっているのです。イチゴのショートケーキでも、スポンジケーキがいくつも重なり合っていたり、クリームの種類がいくつも使われていたりと、パティシエのこだわりが見え隠れするのです。

 

 

 

また季節の特集もこだわっていて、春にはイチゴ、夏にはスイカやパイナップルなどの変わり種、秋にはパンプキンや栗、冬にはクリスマスを意識したようなデコレーションなどいろいろと季節ごとに楽しむことができるのです。見た目もオーナメントにこだわりがあって、見ているだけで幸せな気分にさせてくれます。

 

 

 

そしてなんといっても味が最高。甘すぎず、深い味わいで楽しめるケーキが多くあります。

 

 

 

 

そして百貨店のスイーツコーナーにはいくつものケーキ屋さんが並んでいるので、どの店の何を買うのか行ったり来たりしながら悩んでいる、その時間が一番楽しい時間なのかもしれません。